手汗病気

手汗がひどいのは病気なの?|手の汗を抑えるには
Line

手汗がひどいのは病気なの?

手汗がひどい方は病気が原因かもしれません。

必要以上にてから汗が出る。

それは手のひらの多汗症かもしれません。

手のひらの多汗症のことを手掌多汗症(しゅしょうたかんしょう)といいます。

これは状態がひどい時には病気として治療が必要になttくる疾患です。

手掌多汗症は、幼少期から発症している方も多いですが、自分で手掌多汗症だと気づくのは10〜30代の間だと思います。

幼少期に気づくかどうかは両親がちゃんと観察しておく必要があります。

手汗がひどい状態は、手を振ると汗が飛び散ったり、ノートや教科書などが濡れてしまったり、手汗で手が滑りものを握れないなどの症状が出たときは注意が必要です。

手掌多汗症になると、自分が手掌多汗症であることから周りの目を気にしだしたり、集中力がなくなったりと上記以外の様々な障害も出てきます。

手掌多汗症はたんなる汗かきとは違いますので、そのままの状態にしていないで病院できちんとした治療を受けるべきです。

by 西山
Line