手汗手術

手汗の手術ってどんなことをするの?|手汗がひどい原因
Line

手汗の手術ってどんなことをするの?

手汗の手術ってどんなことをするのでしょうか?

ものすごく簡単にいってしまうと、脇の下を切開したり、穴を開けたりして、手汗を分泌させる命令を出している交感神経を切断してしまいます。

手汗をひどくかいてしまうのは、自律神経が乱れていて、その必要もないのに、手汗をかけ!という命令が出てしまっているからですが、命令を伝える神経を切ってしまえば手汗が出ることもありません。

実際、手汗の手術を受けると、滴るほどかいていた手汗でもぴたりと止まるでしょう。

ただ、手汗が出なくなる代わりに、体の他の場所から大量の汗をかくようになります。

これを代償性発汗といい、手汗の手術を受けた人のほとんどが発症する副作用です。

例えば、顔や脇、背中、太もも、お尻などから、周囲の人にわかってしまうほどの汗をかいてしまいます。

中には、椅子に座って立ち上がると汗で椅子が濡れている、おもらししたみたいに下半身が濡れるという人もいて、手術を受けたこと自体を後悔するケースも少なくありません。

もちろん、手術を受けて満足している人もいますが、くれぐれも慎重に判断した方がいいことは間違いないでしょう。

by 西山
Line